少しでも高く車を売るために

ディーゼル車の今

ここ最近、日本でもディーゼル車が見直されつつあります。
メルセデスベンツやBMWが積極的にディーゼル車を日本市場へ導入し、
また、日本メーカーもマツダや三菱を筆頭にディーゼルエンジン車を積極的に開発・販売しています。

 

以前のディーゼル車と言えば、大きな振動や騒音、黒煙の問題、
パワーの低さが目立ち、経済性の良さを差し引いても、車としては未完成な部分が目立ちました。

 

それでも以前はディーゼル車を用意する日本メーカーも多かったのですが、
上記の理由からユーザーからも敬遠されるようになり、徐々に姿を消していきました。

 

しかし、欧州などでは経済性の高さから、ディーゼル車の需要が高かったことから、
各メーカーによる研究・開発が進められた結果、以前のようなネガティブな面はほぼ解決されてきました。

 

騒音や振動面においては、ガソリン車となんら遜色のないレベルにまでなってきたのです。
その上、経済性は非常に高いため、走行距離の多いユーザーは、ハイブリッドカーより、
むしろディーゼル車の方がランニングコストを抑えられるということで、ここ日本でも需要が伸びつつあります。
近い将来、ディーゼルエンジンと電気モーターによるハイブリッド車も登場する可能性があるそうで、
ますますエコカーから目が離せません。

 

車の売却は下記から
ヴォクシー 売却