車の大きさと買取額との比例関係

車の大きさと買取額との比例関係

買取業者による車の買取額は、大きさに比例する一面があるようです。基本的には車が大きくなるほど、買取額も高めになる傾向があるようですね。
例えば軽自動車なのですが、買取額は数十万円前後が相場のようです。中には買取額が100万円を超える軽自動車もありますが、ちょっと数は少なめです。

 

その次に買取額が高めなのは、普通自動車ですね。街でよく見かける自動車ですが、100万円や200万円台のものもいくつか見られます。
そして一般カーの中で買取額が比較的高めなのは、キャンピングカーです。キャンプ場などでよく用いられている車ですが、100万円以上のものが非常に多いですね。普通自動車よりも、買取額の平均値が高めなようです。

 

それと、トラックは上記の3つの車種よりも買い取り額が高めです。トラックの場合は100万円を下回る方が、珍しいというイメージがあります。300万円や400万円で、トラックが買い取られている事例も多々見られますね。

 

トラックよりもさらに買い取り額が高めなのは、重機です。街では、たまにクレーン車が走っている事がありますね。数ある車の中でもかなり大型なタイプですが、やはり買取額の実績としては300万円や400万円のものが多数あります。私が以前に見たある買取業者の場合、確か600万円台で重機の車を買い取っていたようです。

 

ご覧の通り、車の大きさと売却額は比例する傾向があるようですね。車が大きけれは、その分売却額も高めになってくる訳です。やはり車が大きい方が、馬力があるからでしょうか。重機などは、普通自動車よりも遥かにパワーがありますね。

 

ただし、たまに例外はあります。軽自動車によっては一般車の買取額を上回るタイプもありますね。そのような例外もありますが、基本的には大きな車の方が買い取り額は高めになると考えて良いと思います。